もう秋

f:id:ntskalski:20161009082307j:image

久し振りのドッグラン。秋晴れの日、息子と他のわんちゃんを見に行きました。

やっぱり小さい犬たちは可愛い〜〜💕なんて騒いでたら、思いっきりうんぴを踏んじゃった(; ̄O ̄) 息子は大爆笑! ま、「運」がついたからいっか、、、。 しかも張り切っておニューの靴だったから笑うしかない!

f:id:ntskalski:20161009082550j:image

f:id:ntskalski:20161009082608j:image

パパのケーキ作り。いつかの私みたい。

f:id:ntskalski:20161009082812j:image

花の色が綺麗。ペーパーを書く私を応援してくれているみたい。ときめく!

f:id:ntskalski:20161009082814j:image

友達が日本の野菜を取り寄せてくれました。貴重なニラ。明日ニラ玉作ろう〜〜💕

 

 

Labor Day

f:id:ntskalski:20160908054213j:image

Labor Day の祝日でした。

恒例のパレードを見に行った。 

日頃お世話に成っている消防士や警官に敬意を示す日だと思うが、飴を投げてくれるので毎年それも目当てに行っている。

 

f:id:ntskalski:20160908054724j:image

f:id:ntskalski:20160908054737j:image

カーニバルも設営してあったので、ミニ観覧車に乗ったりゲームしたりした。

 

 

 

 

水色ランドセル

f:id:ntskalski:20160908045331j:image

ランドセルが届きました。平成のランドセルはやっぱり可愛い! 外は娘が好きなクール系の色で、中からチラッと見えるピンクがこれまたおしゃれ。迷ったけどこれにしてよかった! さあ、娘よ日本語学校頑張ろう💕

 

f:id:ntskalski:20160908045748j:image

サプライズの醤油さし。使うのが勿体無い程うさぎの絵がかわいい。私たちを想ってそっと箱に入れてくれたんだと思うと胸が熱くなる。 私って本当に世界一幸せ。

大事に使うね!  (そしてまた息子の折り紙熱が。。。毎日折ってますよ〜)

 

新学期

f:id:ntskalski:20160907212855j:image

待ちに待った新学期が始まりました。 いやー夏休みは長かった! 今年から長男ミドルに行くので、それぞれ違う時間に別々のバスに乗って登校します。

「元々一緒に座ってないから別に〜〜」とは言ってたけど、本当はちょっと寂しいんじゃない?

f:id:ntskalski:20160907213206j:image

 

無事楽しい1日が過ごせ、私も第一回目のお弁当業務をこなせたので、空手の後アイスーーー🍦 

 

病気ひとつせず、無事進級出来た事に感謝。夏休みは長かったのに子供はあっという間に成長してしまう。 嬉しいやら寂しいやら。 

 

level 2 スタート

帰宅後2日目に一気に現実に引き戻された。 レベル2がスタートした!

3か月ぶりの同級生と雑談する暇もなく、授業開始。初日は説明で終わるかと思ったら、甘かった。15分後に動脈血液ガス分析のレクチャーが始まった、、、。

 

 f:id:ntskalski:20160831050236j:image

 

新しい教科書が広辞苑並みに分厚いので、ややビビりつつもやるっきゃない。

 子供達より一週間早い新学期なので、夫に自宅勤務を頼んで学校へ。家族の助けがある事に感謝しつつ、結果を残せるように頑張る〜〜!

 

キャンプへ

3泊4日の毎年恒例のキャンプへ行ってきました。ここから北東へ3時間半の場所にある、ここニューヨーク州で2番目に大きいWellsley island州立公園。

その名の通り、セントローレンス川に囲まれた『島』にあります。自然いっぱいでした。

f:id:ntskalski:20160830065921j:image

テント場もまずまずのロケーション!

天気も最高でした。

f:id:ntskalski:20160830070501j:image

余り予定を立てず、釣りをしたり(同時に釣れた図。日本で行った釣り堀のように、入れたら釣れるので楽しかった。)、まったりと読書をして楽しんだ。

Panfish?と呼ばれる魚が釣れたんだよ。

f:id:ntskalski:20160830070748j:image

有名なボルト城へ。前回訪れたのは4年前。ところどころ改築されていて、綺麗だったけど歴史をおさらいすると悲しく見える。ボルト城は、かの有名なニューヨークにあるウォールドーフ・アストリアホテルを建てる助けをした、その当時の支配人であったジョージ・ボルト。最愛なる妻、ルイースのために建築中であったお城(デザインもハートを散りばめた、ボルト氏の深い愛情満載)であったが、なんと建設途中に妻のルイースが亡くなってしまう。 深い悲しみの中、ジョージはすべての建設をストップ、島に足を踏み入れることは2度となかった。。。 

 

悲しい〜〜涙。 そして、その日の朝、アンドリューがコーヒーを淹れてくれなかったため、VTRを見た後、ボソッと『いいな〜、ルイースはこんなお城をもらえるほど愛されて。私なんて、コーヒーすら淹れてもらえない。。。』(<ーおバカさん)

今回はパッキングも、料理の準備もすべて彼に頼んで私は座って、食べて、寝ただけなので(いつものこと)、もちろんお城をもらう、いやコーヒーすら淹れてもらう資格はないのだが。

 

 

f:id:ntskalski:20160830070753j:image

暇なので、日本から持ってきたお寿司屋さんのお菓子で遊んでみるが、喧嘩で終わった! 

 

来年はどこに行こうかな〜。 

 

余談:

* 毎年キャンプに行くと、パパの手に原因不明の湿疹が出る。

* 夜20匹のタヌキが私たちのクーラーを開けようとしていた、らしい。

朝起きたらクーラーに手形がついていた!f:id:ntskalski:20160830072508j:image